「サスティナブル」について!

「サステナブル」な暮らしについて

みなさまは「サステナブル」という言葉をきいて、
ピンとくる方はいらっしゃいますか?

今日は少しだけ、私たちの住む地球を守るためのお話です。

「サステナブル(Sustainable)」は直訳すると"持続可能な"という意味。
元は、sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉です。

現在、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めているのが
「サステナブル(Sustainable)」な社会の実現です。

なぜ今必要とされているのか?
そこには大きな問題が3つ、、、

・世界で人口が増えすぎた事
 20世紀半ばには25億人だった世界の人口は、20世紀末にはおよそ60億人までに急増。
 21世紀には90億人を突破すると予測されている。

・生活環境の悪化が進んでいること
 地球温暖化による気候変動により、
 平均気温が年々上昇し、水不足や砂漠化、自然災害などの被害増加傾向に。

・天然素材が枯渇してしまうこと
 世界経済の急速な発展は、石油や石炭、天然ガスといった限りある資源を大量に消費。
 すぐに作り出すことのできない天然資源は、あっという間に枯渇する危機に。


では、おうちの中でもできる
「サステナブル」な暮らしってなんだろう?

・節電を心がける
・食材を使い切りフードロスを減らす
・モノは捨てずにリサイクルする
・ゴミの量をできるだけ少なくする
・地産地消、認証マークの付いたものを消費する
・外出時にはマイボトルやマイバックを持ち歩く

私たち一人一人の行動が散り積もって、世界を変えることができます。
毎日暮らす「おうち」の中から地球にやさしい行動をしていきましょう。

ちなみに、私たち住宅会社だからこそ取り組める『サステナブル』があります!
例えば
・出来る限り自然素材の材料を選ぶ
・メンテナンスのほとんどかからない長く住み続けられる家づくり
・アトピーやシックハウス症候群の方も安心して暮らせる家づくり
・部屋による温度差の少ない、体にストレスの少ない家づくり


これからの時代は、家を建てる側も住む側も、無理のない『サステナブル』を意識したいものですね!

 お盆のお墓参り

先日の新盆7月13日に、義父の墓に義母とお参りする予定でしたが、前日の埼玉県中部の大雨で道路状況も怪しかったので、取りやめました。
後日の17日(日)にお参りがてらお墓の植木の選定と清掃してきました。雨に降られるか冷や冷やでしたが、お日様が出て暑いくらいで汗だくになりました。
お墓参りの御加護か、車移動中は土砂降りの雨でしたが、目的地に着く頃にはほぼほぼ雨が上がり、傘をさすことはありませんでした。

義父・義母は横浜の住まいでお盆は新盆ですが、私は元々宮城県出身でお盆といえば旧盆の8月15日が昔からの習慣でしたので、新盆でお墓参りいうのはピンとこない習慣でした。ですので、私の両親の供養は旧盆の8月の15日ごろにお参りに行ってきます。ただし私たち夫婦は何かの機会にお墓参りに行くのが習慣で、普通の方達よりは墓参りの回数が多いと思います。

私の実家は以前は鳶職をやっておりましたので、職人という事もあり、神事・仏事は割と大切にしてきました。私自身も建設業ということもあり、同様に神事・仏事を重んじる部分があるので、事ある毎にお参りは精神的にも落ち着く時間です。

日本人ならではの風習と思いますが、神社仏閣をお参りして、その土地の歴史を感じる時間がとても心地よい時間と感じています。
現在ご朱印帳3冊目です。

IMG_6781.jpg

茨城県日立市の御岩神社。
少し山登りが必要な神社で、日本屈指のパワースポット。
宇宙から見える「光の柱」が発せられている場所と言われている。

インテリアのカラーについて

今回は、お部屋のカラーについてお話させていただきます。

皆様は、ご自宅のレイアウトや家具の色には、こだわりがありますでしょうか?
お部屋のイメージごとに色分けされている方、内観だけでなく外観から色のこだわりがある方、特別な色のこだわりがない方等、様々いらっしゃるかと思います。

そんな「色」には、視覚から得られる効果、連想できるものがあり、お部屋の色一つで住み心地、感じ方が異なってきます。

ここで、5つほど色の与える効果をご紹介いたします。


【緑】 森林等の植物を連想させる緑色は、リラックス・安心感を持たせる色といわれています。部屋では、リラックスしたい方にお勧めの色となっています。

【茶】 木目や大地を連想させる茶色はアースカラーともよばれ、住宅のベースの色や家具など多く使われている色になっています。自然の中でも、多く見かける色なだけあり、安心感をもたらす色といわれています。

【青】 水や空の色である青色。服装でも身に着けていると清潔感があるとよく言われます。部屋の中でも、清涼感があり、落ち着いた雰囲気で生活できる色です。

【赤】 昔から、情熱感や温かみがあるといわれる色です。気力回復や、食欲増進効果があるとも言われています。お部屋の中でも、ワンポイントで使うと綺麗にお部屋に映える色です。

【黄】 風水では金運が上がるといわれ、縁起の良いとされている黄色。視覚効果としては、集中力が高まる効果や、元気の出る色ともいわれています。

上記のように、色には様々な視覚的効果や連想させるものがございます。
このようにそれぞれ効果や人の好みのある色でお部屋を作るとき、配置や色遣いで皆様
は悩むのではないでしょうか?

どの色をどれくらいの割合で使うとよいか、どの色と合わせるとマッチするのかは難しい判断です。


ここからは、お部屋作りの際の、バランスの良い色の配分をご紹介いたします。
お部屋の色使いにはいわゆる黄金比率があります。

・ベースカラー
 名前の通り、お部屋の中でベースとなる色です。お部屋の大部分をこちらの色で作るのがよいとされています。割合としては、全体の70%といわれています。基本となるだけあり、個性を強く出す色ではなく、落ち着いた色、多くの色と相性の良い色がよいでしょう。どの色とも合わせやすいナチュラルや、ブラウンの色が人気です。

・アソートカラー
 部屋のイメージを左右する色。前半でご紹介したような色を、部屋全体の色として配色していくと良いです。割合は全体の25%と言われています。お部屋の印象、効果はこの色で決まるため、効果によって決めてみましょう!

・アクセントカラー
 最後のカラーは、ここまでで決めた部屋のカラーを調整する色です。ここでは、派手なカラーも使いやすい色になっています。割合は、全体の5%と言われています。使い方としては、お部屋の小物、クッションや観葉植物で取り入れると、きれいにお部屋のアクセントになります!

まとめると、ベースカラー 70%・アソートカラー 25%・アクセントカラー 5%がお部屋の色の黄金比率といわれています。


ぜひ、本日お話した、色の効果でお部屋を作り、色の視覚的効果を体感してみてはいかがでしょうか?
作成の際は、それぞれ、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの比率もご参考下さい!

住まいづくりフェア 終了いたしました。

先日、5月29日(日)、住まいづくりフェアが無事終了いたしました。
数組の来場者様があり、アンケートにも熱心にご記入いただきました。

今後のイベントに関して、住宅無料プラン相談会を行い、1回目のプランは無料で行うイベントを検討中です。
一般的な住宅は勿論のこと、狭小プランや平家プラン・併用住宅や二世帯住宅などどの様なご要望にも対応いたします。

近々にスケジュールなどの送信を行います。
是非宜しくお願い致します。

アンコンシャス・バイアス?

家づくりに思い込みは禁物?!


家づくりをしている中で、間取りを決め、予算を決め、土地を決めてなど

決めないといけないことがたくさんあります。


いつ建てるのがベストなのか?

どんな家がいいのか?

予算はどれくらいなのか?

どこの場所で建てるのか?

どこの会社に頼むのか?

ネットや本、知人友人からのアドバイス、

住宅会社の営業マンからの提案などを通して情報を得て決めていきます。


しかし、たくさんの情報が溢れていて何が間違っていて何が正しいのかを

判断することが難しく、思い込みで決めてしまうこともしばしばあるかと思います。


最近、ニュースや本などに出ている言葉で

アンコンシャス・バイアスというものがあります。

これは無意識の思い込みという意味の言葉で、

自分自身の過去の経験や知識、価値観などから、本人では中々気付けない

物の見方の偏りを産んでしまいます。

それが原因で、判断を誤って失敗をしてしまうことがあるかもしれません。


例えば、

家づくりで、まず住む場所を決めないといけないと思い込み

土地を探す。

そこから、間取りを決めて、どんな仕様にするのかを決めていきますが、

住宅ローンが通らなかったり、総額予算が合わなかったり・・・

家づくりの順番を思い込みで土地からということで考えた結果、

建物そのものの予算を度外視した為、結局振り出しに戻ってしまうということが

あるかもしれません。

(もちろん土地探しから行うのが悪いと言っているのではなく、

土地が無いエリア、地価が高いところを検討する場合や住む場所を第一優先に考えた場合は

効率的に進められます)

また、思い込みは悪い結果を産むだけのものでもありません。

一度家を建てたことがあって、過去の経験からその思い込みによって正しい判断を行えることも

あるかと思います。


大事なことは、

どこかに思い込みがないかを考えてみることで

自分自身とまた家族としっかり向き合って、

判断することだと思います。


家づくりは、一生に一度と言われることもありますが、

そもそも本当に一生ものなのか?


言葉の意味をそのまま鵜呑みにすることなく、それが事実なのか、

解釈なのかを考えてみると、新しい気づきがあるかもしれません。


思い込まず、縛られることもなく、

自由な発想で、楽しく家づくりを行っていきましょう!

4月3日の住まいづくりフェアー 無事終了

お陰様で4月3日のフェアーは無事終了いたしました。

お家を考えたいけど、どこから始めればいいの? どこに相談すればいいの? 何から相談すればいいの?

ですよね。分からない事だらけで、誰にどのように相談すれば良いかも分からないですよね。

先日もそんな方から申し込みがありました。

もちろん現在ご相談の解決に向けて、関係各所で色々な調査を行なっております。

どんなご相談でも、一度来て頂ければ必ず解決への糸口は見つかります。もちろん来ていただけなければ解決できませんよね。

おっかなびっくりで来られても、帰られる時は笑顔でお帰り頂きました。

そんなお客様大歓迎です。必ず笑顔の結果でお帰り頂きます。

来たる5月29日(日)にも、朝霞市産業文化センターで「住まいづくりフェアー」を行います。

是非ご来場頂ければと思います。

詳しくはイベント情報をご覧ください。

スライド1.jpeg

トイレ 手洗いのおはなし

皆様、こんにちは。

トイレの後は、どこで手を洗っていますか?


洗面台?


トイレタンクの上の手洗い場?


それにしても手洗い付きのロータンク便器

これを考えた方ってどんな方なのでしょう。


発明家?


きれい好きな方?


開発した方は手洗い付きのロータンク便器を完成させたとき


「これぞ世紀の大発明だ!!」

と喜び、ガッツポーズをしたかもしれません。


ですが、これで小さく肩をすくめて手を洗っている自分を想像してみてください。

なぜかどことなく悲しく寂しく見えませんか?


手を洗っている時の水が飛び散らないように十分に手を洗えませんし

石鹸や手洗い用ソープで手洗い付きのロータンク便器では手も洗えない。

タンク周りの汚れも気になりますよね。


とはいえ、トイレで用を足したらまずは手を洗いたいですよね。


トイレは別名「お手洗い」というくらいですから

用を足した後すぐ手が洗えないとお話しになりません。


最近は用を足した後、手を洗わない方も調査で分かっているそうですが

みんながみんなそうではないでしょう。


ですのでトイレには何らかの手が洗える仕掛けが欲しいですよね。

なら、どこで手を洗うのか、、、。

出来ればトイレの中にしてください。


小さな手洗い受けをつけるだけでいいのです。


どこにどんな形の手洗い器をつけるかは皆様の自由です。


ただし、レイアウトト寸法は最善の注意を払っておかないと

後々、後悔します。


最近は色々な手洗い器があるのです。

壁掛けタイプ

オーバーカウンタータイプ

アンダーカウンタータイプ

ボウルタイプ

掃除のしやすさでいえばアンダーカウンタータイプですかね。


付ける場所も気をつけないといけません。

幅が広いトイレなら、トイレと平行に。

奥行きのあるトイレならトイレと向い合せ、

もしくはトイレと少しずらして平行に平行に。


家では少し豪華になるかもしれませんが

トイレに手洗い器だけではなく、鏡や照明をつければ

お化粧室への昇格いたします!


トイレのレイアウトはデリケートなのです。

横幅が広すぎるとトイレットペーパーに手が届かなかったり

トイレが狭すぎると小回りや掃除が難しくなったり。


トイレは極めてパーソナルな空間です、設計は手を洗う方法やどこに洗面器とトイレを設置するかの

レイアウトをしっかり考えて、狭くても豊かな気持ちになる空間を演出したいですね。

住まいづくりフェアを行います。

来たる4月3日日曜日 住まいづくりフェアを行います!

今の家賃で家が建つ方法や、住宅ローンの賢い借入方法、土地の探し方や、使いやすい間取りなど、一級建築士の私がご相談にお答えいたします。

お気軽にご連絡ください。メール又はお電話でご予約頂ければ結構です。
是非ご連絡ください。

尚、5月29日日曜日も朝霞市産業文化センターにて、新商品発表と共に住まいづくりフェアを行います。
詳しくはおいおいお伝えさせて頂きます。

宜しくお願い致します!


nagomi_ベーシック_外観.jpg

nagomi_ベーシック_内観.jpg

ベットの配置を間違えると、真夜中にダイビングすることになる!?

皆様 こんにちは


なぜあんなに冬のお布団っていつもよりも増して
ふかふかで暖かくて気持ちよくて離れたくないのでしょうか。

ベッド1_m.jpg


良いベッドを選ぶときに大切なのは
ベッドの硬さや大きさ、品質だけじゃないのです。
ベッドの位置も大切なのです。

寝室、個室、客室など、ベッドの置かれる部屋には
いろいろな呼び方がありますが
ここではベットの置かれる部屋を

ベッドルーム

と総称しておきましょう。

ベッドは家具の一つです。

なので衣装ケースや本棚のように
部屋の中の好きなところに好きなように
配置して良さそうなものです。

ですが現実にはそういうわけにもいきません。

ベッドの配置によって、まず窓の位置が変わります。

次にコンセントの位置も変わります。

そして照明の位置も変わります。


ですが、それ以前にもっと大変なことが起こります。

少し想像してみてください。

6畳のベッドルームがあります。

右側にクローゼット、左側にダブルベッド。

静かでとても落ち着いた雰囲気です。

ここで1つ問題が生じました。

よく考えてみてください。

壁側に寝る人は、どうやって横になったら良いのでしょうか。


ダブルベッドを壁際に置くと、あなたが先に寝たあと、
パートナーは毎晩枕めがけてダイブしなければなりません。


ベッドに横たわるには、サイドから滑り込むのが原則。

ベッドには必ず「サイドスペース」が必要なのです。

ダブルベッドなら両サイドから、ツインベッドはセンターから。


ベッドメイキングなどを毎朝される方は
両サイドと足元の三方にスペースを確保する必要があります。


ベッドを設置する際にはベッドメイキングできるスペースを
気にしないといけないです。

ですがサイドは狭くても大丈夫です。

ベッドサイドはベッドの上部が大きくあいているので
比較的狭い通路でも大丈夫です。

ただし、出入口のドアロックやクローゼットの扉は
しっかり計算に入れておいてください。


ですがベッドの大きさにも考慮したほうがいいですね。


というわけで、ベッドルームの設計では、

ベッドのサイズだけではなく、


その配置やサイドスペースも検討しておく必要があります

お陰様でマイホーム基本セミナー終了

1月30日日曜日に行いました、マイホーム基本セミナーと、ファイナンシャルプランナーによるライフプランシュミレーションのセミナーが終了いたしました。

ご参加頂いた皆様には、大変有難う御座いました。
先々の改築資金や老後の資金の事もとても参考になったというご意見を頂き、これからのセミナーの参考にさせて頂ければと思いました。

また、現在のお住まいのリフォームや、建替のご相談も頂き有意義なセミナーとなりました。

今後も同様のセミナー及び相談会を計画致しますので、是非ご参加頂ければと思います。

情報は弊社ホームページ及び、ウィズホーム のインスタグラムなどで発信いたします。